生命保険契約照会制度

活動記録

故人が生命保険に加入していたかどうか?保険証券が綺麗に保管されていたり、毎月の請求があればそれを知ることは容易かもしれません。しかしながら、既に払い込みが終わっている保険や、保険証券を紛失している場合などは、遺族がそれを確認することは非常に困難。認知症等で施設に入っている方が入院された際の保険請求なども同じことが言えます。

そんなご家族の生命保険の加入の有無を照会出来る制度が、今回のブログのタイトルでもある”生命保険契約照会制度”です。2021年7月より新たに創設された制度で、もともと災害などで請求が困難となった方のためのセーフティーネットとして災害地域生保契約照会制度がありましたが、超高齢化社会を見据え平時でも確実に保険金を請求できる制度として、今回の制度に一本化されました。

この制度を利用することにより、生命保険協会が保険会社各社に照会を行い、生命保険協会で取りまとめて回答して頂けるという大変ありがたい制度です。これにより、日本で営業する生命保険会社で契約している方の請求漏れ等は確実に防止が出来ると思います。

生命保険契約照会制度では、平時の死亡、認知判断能力の低下、または災害時の死亡もしくは行方不明によって生命保険契約に関する手掛かりを失い、保険金等の請求を行うことが困難な場合に利用することが出来ます。利用料金も1件あたり3,000円(添付書類取得費用は別途必要です)と非常に安価なので、加入状況がはっきりしない場合は、利用を検討頂くと良いのではないかと思います。

詳しいお手続き等については、生命保険協会HPをご確認下さい。
生命保険契約照会制度のご案内

保険法により、保険金を請求する権利、積立金を払い戻してもらう権利は、3年で消滅します。いわゆる「時効」です。不動産の売却などでも、元の所有者が亡くなった後、しばらく経ってから売却をされるお客さまは沢山いらっしゃいますが、売却を伴う片付けで保険証券を発見した場合など、時間が経つと保険金請求が出来ないことがあるということです。

”人生最後のラブレター”と呼ばれることもある生命保険。故人が遺族に向けた最後のメッセージ、確実に受け取ってもらいたいものです。