年賀状を辞めました

活動記録

正月三ヶ日も終わりましたが
如何お過ごしでしょうか?

さて、SNSでもお知らせしましたが、
今年から会社の年賀状をやめました。

正直、やめようと思ってから、
3年ほどぼんやり悩んでいました。

一年お世話になった方々、
ご挨拶に寄れなかったお客様、
今年はご縁がなかった取引先の皆様、
そんなみなさまに旧年のお礼と、
新年のお祝いをお伝えする。

年賀状はその大切なツールであり、
年始の挨拶は日本の文化です。

僕が抱えていた悩みは、
挨拶をするかどうかでは当然なく、
年賀状というツールを
使い続けるかどうか。

スマホとネット環境があれば
世界中のどこでも誰とでも
顔を見て話すことが出来る時代。

SNSが普及し、
新聞広告やテレビCMがなくても
誰もがブログや動画サイトで
発信できるようになりました。

そんな時代にあって、
年賀の挨拶が年賀状である
必要はないように感じてました。

それよりも、本来は昨年の御礼と
新年のお祝いを目的とするものが、
DM染みたハガキになるのが味気ないと
思っていたこともあります。

ただ、時代が変わっても、
メールより書面の方が、
印刷より手書きの方が、
書面より訪問する方が、
タダよりコストがかかる方が、
簡単なものより手間がかかる方が、
ありがたいと感じる人が
多いのではないかと思います。

それでも大切なことは、
どうするか より どうあるか。
あり方でなく、やり方を変える事。

手間が無駄なわけでも、
効率が正解なわけでもありません。

今後は、我々のやり方で、
皆様に感謝やお祝いを伝えて参ります。

色々なご意見があるかと思いますが、
年賀状がメッセージになっても
変わらぬご愛顧をいただければ
感謝の極みです。

本年もどうぞよろしくお願いします。