お正月は蒲江探検①

活動記録

年末、実家への帰省ついでに、
実家がある蒲江を探検してきました。

と、言うのも蒲江は
12の「浦」という地区に分かれているので、
蒲江に住んでいても他の地区のことは
意外と知らなかったりするんです。

今回は、そんな蒲江の北から南まで
車で出かけて見ました。

 

まずは、ずっと気になっていた
畑野浦の「江武戸神社」へ。

ここは、海に向かって鳥居がある珍しい神社で、
湾の反対側から見える鳥居がいつも気になっていました。

10世紀ごろに
建立されたものらしいですが、
インスタ映えも狙える
珍しい神社じゃないかと思います。

小学校の時から
気になっていた鳥居を
30年越しにくぐることが出来ました。

江武戸神社でお参りを済ませて、
初上陸となる「尾浦地区」に
立ち寄りました。

尾浦は国道388号線沿いではないため、
車で通りすぎることもないことから、
親戚が住んでいるにもかかわらず、
行ったことがありませんでした。

写真は、尾浦に入って
最初に見つける看板で、
佐伯の百姓一揆のことが
書かれていました。

蒲江の人も百姓一揆に
参加していたことを初めて知りました。
まだまだ知らないことが沢山あります。

尾浦の次は、
山を登って「空の公園」へ。
最近、タウン情報誌などでも
取り上げられますが、こちらも初上陸。

寒波襲来も冬晴れの元旦で、
空と海の青のコントラストを
眺めながらの道中は、
控えめに言って最高でした。

ドライブやツーリングに
とてもオススメです。

展望公園って感じなので、
公園といえども遊ぶ所はないですが、
眼下に広がる景色は一見の価値があります。

空の公園からは、
佐伯市米水津に向い、
佐伯市内を回って帰宅。

有意義な元旦ドライブとなりました。
続きます(笑)