賃料設定を疑ってみる

賃貸経営

皆さんの物件の現在の賃料は、どのように決めていらっしゃいますか。管理会社や仲介業者からの提案でしょうか、それともご自身で決められたのでしょうか。私の感覚では、賃貸経営を本業にしている人でなければ、多くの大家さんが管理会社や仲介業者の提案で決めていると思っていますが、如何でしょうか。

もちろん、管理会社の使命は大家さんの収益を最大化させることですから、日々忙しい大家さんの代わりに適正な賃料設定をしていると思います。
しかし、賃貸経営の根幹を成す大切な賃料だからこそ、それを他人に任せにしすぎるのは正直オススメしません。

賃料が安すぎる事に気付いていない大家さんは多い

私のクライアントのある大家さんは、管理会社から入居が厳しいという理由で、家賃をどんどん下げ、お会いした時には39,000円に設定していました。ご相談を受け、空室を埋めるために弊社で空室の査定を行うと48,000円~51,000円が適正という結果。物件の家賃は、高いどころか安かったのです。

実際に募集を開始すると、48,000円でご成約。他の部屋はリフォーム等の提案も行い、最終的には賃料は58,000円までに上昇しました。リフォームの有無は考慮せずとも、しっかり査定を行っただけで賃料が月額9,000円、年間にすると108,000円の上昇が実現したのです。

時に賃料は、管理会社が空室を埋められない時の言い訳に使われがちです。この大家さんの物件の空室の原因も賃料ではなかったのです。もし仮に、大家さんがご自身の物件の適正賃料を知っていたら、管理会社の提案を鵜呑みにすることは無かったと思いますが、これまで管理会社に任せていた方にしてみれば、賃料設定は簡単ではないと感じるかも知れません。

適正賃料を知るヒント

世の中には賃料設定に役立つ大家さん向けのサービスもあります。例えば、suumoさんの「賃料・設備相場チェッカー」(https://www.suumo-onr.jp)は、スーモさんが提供しているその名の通りのサービスで、会員登録して情報を登録するとご自身の物件の相場賃料を提示してくれるサービスです。利用料は無料、操作も簡単ですので一度試してみることをオススメします。

家賃は、入居を決める大きな要素ですが、入居が決まらないのは賃料だけが原因ではありません。しかるべき賃料を知ること、そしてその賃料に見合うだけのお部屋をしっかり準備すること、そしてしっかり募集を行うことがとても大切だと思います。何となく決めたその賃料、この機に疑ってみませんか?